スポンサーリンク
出産・育児

イタリア妊娠生活3 – 妊娠6週〜8週での海外旅行とつわりの開始

eyecatch_イタリア妊娠生活3 出産・育児

まだ胎嚢の確認だけで心音が確認できない中、美大の入学手続き期限が迫る一方でもう一つ不安の種があった。

それは…

翌週にブダペスト(ハンガリー)、翌々週にはLA(ロサンゼルス)への旅行を控えていたことだ。

前回の話はこちら↓

イタリア妊娠生活2 - 妊娠5週、心拍確認できず…不安に駆られる私にイタリア人医師がくれた言葉【海外出産】
※この記事は過去に書いたこちらの記事↓の続きなので、少し昔の話になります。 産婦人科に行きたい…でも未だ健康保険証が無い! 妊娠検査薬が陽性となり、まずやるべきことは産婦人科探し。 しかしこの時の私はまだイ...

 

スポンサーリンク

妊娠5週〜6週の症状 in ブダペスト

産婦人科の初診で胎嚢確認ができた頃には、妊娠超初期に感じていたあの強烈な眠気は幾分和らいできた。

そして妊娠5週頃という診断を受けた翌日には夫の出張に付いてハンガリーのブダペストへと発った。

この時はまだつわりは始まっておらず、フライト時間も2時間程度だったので体への負担はあまり感じなかった。

 

体の火照りと微熱・気怠さ

ブダペストには基礎体温を測り続けるために婦人体温計を持って行ったのだが、体温は37.0度〜37.5度で、通常の高温期よりも少し高く、自分でも熱っぽく感じた。

ダルさもあり、せっかくブダペストに来たのに活発に街を見て回る元気が出なかった。

 

眠気

妊娠超初期の頃ほど四六時中猛烈に眠いということは無くなったが、夜8時にもなると眠くてたまらなくなってしまいディナーどころではなかった。

どうしても夜に外出する必要があった日は必ず昼寝をするようにした。

 

異常な疲れ易さ

せっかく来たのだからと街の観光に行くも、少し歩くとすぐ疲れてしまい、無理をして歩き続けると下腹部に痛みが走るようになった。

あまり早く歩くこともできず大した距離も歩けずで、1週間もブダペストに滞在していたにも関わらず最低限の名所しか巡ることができなかった。

 

妊娠7週〜9週の症状 in アメリカ – つわりと咳風邪のダブルパンチ

1週間のブダペスト滞在から戻って1日置き、今度はLA(アメリカ)へ飛んだ。

夫の出張のためとはいえ、かなりの過密スケジュールで自分の体が心配になった。

辛い長時間フライトの上に咳き込む乗客だらけの最悪の機内

ローマからアメリカ西海岸のLA(ロサンゼルス)までのフライト時間は約13時間半と、東京⇄ローマと同じくらいかもっと長い。

ただでさえ辛いフライトだったのに、座席予約ができておらずかなり狭い最悪の席。

そしてさらに最悪なことに、周りにはやたらとゴホゴホと咳をする乗客が沢山乗っていた。(19年11月当時。私としてはこの時すでに新型コロナが流行っていたのではと思えてならない)

夫は体が大きいにも関わらず3人席の中席に座ってくれたが、夫の隣の窓際席の兄ちゃんもゲーッホゲホと、フライト中苦しそうな咳をしまくっていた。

しかも彼らは抑えることもしないのでウィルスが飛び散りまくり。

妊娠で免疫が落ちていた私は、周りの乗客の咳の嵐の機内で泣きそうになりながら13時間耐え続けた。

LAへ到着する頃には体調がみるみる悪化

そしてLAに着く頃には見事にうつされ、私もコホコホと咳をし始めていた。

入館手続きを済ませてレンタカー屋へ着く頃には体調が悪化して喉が痛み出し、咳が止まらなくなっていた。

日を追うごとに咳はどんどん酷くなり、気管支が痛むようになった。(絶対新型コロナだったと思う。)

この時は毎日基礎体温をつけていたが、元々高温期で37.5度前後あったので熱が出たのかどうかは分からなかった。

咳と怠さで食欲も出ず、せっかくの美食の街LAでは食を楽しむことができなかった。

酷い咳はその後一ヶ月収まらず、当時は風邪ではなく変なウィルスをもらってしまったのではと心配し、胎児に影響は無いか心配で仕方がなかった。

 

酷い下痢症状とつわりの開始

旅程ではLAに1週間滞在した後はラスベガスへ移動し、グランドキャニオンやセドナを回った後にシアトルへ向かうことになっていた。

LAからラスベガスに到着した日の夜はビュッフェを楽しんだが、その夜に猛烈な腹痛に襲われ、一晩トイレから離れられなくなってしまった。

同じ物を食べた夫(通常は私より腸が弱い)が何もなかったので、恐らくこれも妊娠症状の一つだったのだと思う。

そしてグランドキャニオンとセドナを巡って3日後に再びラスベガスへ戻って来た日にはつわりが開始。

車の中でひたすら吐き気と戦い、ラスベガスに着くと速攻で寝込んだ。

夕食には夫が近場のアジア料理の店に連れて行ってくれ、味噌ラーメンを頼んだ。

ラーメン大好きなだけあってこの味噌ラーメンはつわりでも結構いけたのだが、それでも半分程度しか食べられなかった。

翌週のシアトルの滞在中はホテルの部屋で寝込んで過ごし、夕食はホールフーズのデリのサラダをひたすら食べて終わった。

 

満身創痍でイタリアへ帰国

こうして楽しみにしていたアメリカ旅行は酷い咳風邪&つわりのダブルパンチとなり、満身創痍で逃げ帰るようにイタリアに帰国した。

というわけで、今回は夫の出張が主目的だったのと直前過ぎたというのもあって断行せざるを得なかったものの妊娠初期の海外旅行は全くもってお勧めできないことが分かった。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

次の記事はこちら↓

イタリア妊娠生活4 - 妊娠8週。ようやく確認できた心拍と両親への報告
妊娠初期の状態で胎児の心拍確認をする前にハンガリーとアメリカ、計3週間の旅に出てしまった私。 結果、つわり症状が始まり、さらにタチの悪い咳風邪を引いてボロボロの状態でイタリアに戻って来た。 そして戻った4日後に2度目の検診に訪れ...

 

イタリア妊娠生活の記事一覧
イタリア妊娠生活10 - 妊娠中(悪阻ピーク)に夫の長期出張。イタリアマンマとの同居生活!
妊娠12週に入り、悪阻がピークに達しようとしていた頃。 夫の長期出張が入った。期間は3週間。 まだ全く勝手が分からないイタリアの地で悪阻に苦しみながら3週間もどうやって生き抜くか…妊娠中に訪れた最初の中に、夫のマンマとパパが遥か...
イタリア妊娠生活9 - トキソプラズマとサイトメガロウィルスの抗体検査。受け方や費用、結果の見方
妊娠中、私が最も恐れていたのがトキソプラズマへの感染だ。 イタリアでは感染を定期的にチェックするため、国が定める妊婦検診の必須項目にトキソプラズマの抗体検査がある。 トキソプラズマとサイトメガロウィルスについて ...
イタリア妊娠生活8 – イタリアで悪阻(つわり)は辛いよ…私がOK・NGだった食べ物
悪阻(つわり)はただでさえ辛い。 しかしイタリアの田舎町での悪阻は、日本であれば無かったであろう苦労もあった。 今回の記事では私の悪阻の症状やOK・NGだった食べ物、そしてイタリアに暮らす日本人妻ならではの苦労について書きたいと...
イタリア妊娠生活7 – 妊娠初期の葉酸の処方。神経管閉鎖障害だけでなく自閉症発症リスクも低減?
葉酸には造血作用や細胞分裂を促進させる働きがあり、胎児の成長に欠かせない栄養素として有名だが、何となく日本とイタリアではその重要性に温度差を感じた、という話を書こうと思う。 日本では「何となく飲んだ方が良い」程度の位置付け...
イタリア妊娠生活6 - 刺身はOK。生ハムもブランド指定でOK!妊娠中に食べて良いもの、悪いもの
今回はイタリアの産婦人科で指導された、妊娠中に食べて良い物や食べてはいけない物について紹介しようと思う。 予想してはいたものの、日本よりも大分制限が緩かったように思う。 前回の記事はこちら↓ NGな食材...
イタリア妊娠生活5 - 滞在許可証の発行前に健康保険証(Tessera Sanitaria)を取得することは可能?
無事に心拍が確認できたことで、プライベートの産婦人科の先生から正式な妊娠証明書を発行してもらうことができた。 問題は、健康保険証が無いので妊娠中に何か不測の事態が起きて大病院へ運ばれることになった時、このままでは高額な医療費がかかって...
イタリア妊娠生活4 - 妊娠8週。ようやく確認できた心拍と両親への報告
妊娠初期の状態で胎児の心拍確認をする前にハンガリーとアメリカ、計3週間の旅に出てしまった私。 結果、つわり症状が始まり、さらにタチの悪い咳風邪を引いてボロボロの状態でイタリアに戻って来た。 そして戻った4日後に2度目の検診に訪れ...
イタリア妊娠生活3 - 妊娠6週〜8週での海外旅行とつわりの開始
まだ胎嚢の確認だけで心音が確認できない中、美大の入学手続き期限が迫る一方でもう一つ不安の種があった。 それは… 翌週にブダペスト(ハンガリー)、翌々週にはLA(ロサンゼルス)への旅行を控えていたことだ。 前回の話はこちら↓...
イタリア妊娠生活2 - 妊娠5週、心拍確認できず…不安に駆られる私にイタリア人医師がくれた言葉【海外出産】
※この記事は過去に書いたこちらの記事↓の続きなので、少し昔の話になります。 産婦人科に行きたい…でも未だ健康保険証が無い! 妊娠検査薬が陽性となり、まずやるべきことは産婦人科探し。 しかしこの時の私はまだイ...
イタリア妊娠生活1 - 闘病の果ての妊娠!頻尿・眠気・寒気…妊娠超初期の諸症状
Twitterでフォローして下さっている方はご存知かもしれないが、実は私は現在、妊娠7ヶ月である。 腹の中で活発に動き回る夫Jr.(男の子です)に、たまに膀胱サイドを蹴っぽられて「うごっ」となることもあり、「胎動は感激の瞬間」とよく言うが...
タイトルとURLをコピーしました