スポンサーリンク
出産・育児

イタリアで妊娠&出産 – 出産予定病院への初訪問

イタリアで妊娠&出産 - 出産予定病院への初訪問 出産・育児

イタリアで妊娠&出産 – 出産予定病院への初訪問。助産師・麻酔科医との面談

妊娠&出産関連の前回の記事はこちら↓

入院バッグ・陣痛バッグの中身 | 日本とイタリアのリストを元に私が用意したもの【海外出産】
今週で妊娠37週、いよいよ正期産に突入した。 ベビー君は少し下に降りてきたようで、胃の圧迫と息苦しさは若干緩和し、夜中に胃酸の逆流で目が覚める回数も減ってきた。 しかしお腹が張る回数は増え、ますますお腹が重く、バランスが悪くなっ...
スポンサーリンク

出産予定の病院

妊娠37週だった先週。

私の出産に対応して下さる助産師さんと麻酔科医との面談のため、出産予定の国立病院を初めて訪れた。

日本では人気の産院は妊娠確定後に速攻で予約しなければならないが、イタリアは妊娠8〜9ヶ月あたりに決めれば良いらしい。

私の場合はとても幸運なことに、家から車で10分という距離に産科の評判がとても良い新しい総合国立病院があった。

産科専門の麻酔科医も常駐しており、無痛分娩にも対応している。

お隣のリグーリア州からもはるばるこの病院へ出産しに来る人もいるのだとか。

覆された私の「イタリアの国立病院」のイメージ

私が渡伊前から抱いていたイタリアの国立病院のイメージと言えば、古い、ボロい、暗い、対応悪い、常に老人で溢れ返っている…本当に失礼な話だが、そんな感じだった。

というのも入ってくる情報情報、イタリアの病院関連の話に関してはいい噂を一度も耳にしたことが無かったからだ。

「医療費がタダなものだから、治療の必要が無いじっちゃんばっちゃんが連日病院に押しかけて激混み」

「CTを撮りたくても予約は3ヶ月待ち」

「子供がインフルエンザで39度の高熱を出していたのに7時間も待たされた挙句、夜になってしまいやむなく帰された」

「出生前検査をしようとしたら予約が一杯で取れず、規定の妊娠週数を過ぎてしまった」

などなど…

おまけに医療費削減の話も重なり、病院には極力お世話になりたくないと思っていた。

なので、私が日本で定期検診で通っていた大学病院の産婦人科の先生に「イタリアは医療先進国だから安心していいよ」と言われた時、大いに疑問に思ったものである。

そんな感じで大して期待もせずに向かった。

着いてみると、その病院は噂通り新しくて近代的な建物だった。

イタリア_病院

入り口で体温測定され、病院への訪問目的を尋ねられる。

渡された消毒ジェルで手の消毒をし、院内へ。

院内はガランと空いており、ほぼ無人と言ってもいいほど人気が無く、患者の姿さえ見当たらなかった。

コロナウィルスの影響だろうか…?

日本の病院のようにコンビニや喫茶、カフェテリアなど、気の利いた施設などは無いだろうと思って全く期待していなかったのだが、だだっ広い院内にはオシャレなバール兼カフェテリアがあった。

イタリア_病院_カフェテリア

ここでアイスカフェラテを頂いたが、美味しかった。

病院食が足りないor美味しくない場合はここで良いではないか!と、少しテンションが上がってしまうw

さらに同じフロアにはベビー服やマタニティパジャマを売る店や大きな薬局も入っており、何か急に必要な物が出て来ても困ることはなさそうだった。

どこが「Fast Track Ostetrico(産科緊急外来)」やねーん!

病院の施設自体はモダンで綺麗で安心したのだが、やはり一抹の不安を抱いたのは受付システムである。

日本の病院の場合は必ず1階に総合受付があり、そこで受付を済ませて各階の専門受付へ向かう。

が、この病院にはそんなものは見当たらなかった。

事前の指示で「Fast Track Ostetrico(産科緊急外来)へ来てください」と言われていたので、名前の通り、産科の救急用に特別な入り口か通路が用意されているのかと思いきや、そんなものは見当たらない。

日本ほど親切な案内表示も無いので、その辺のスタッフに聞きながら院内を進んでいくしかなかった。

ようやく「Fast Track Ostetrico(産科緊急外来)」と表記された場所に辿り着いたけれども、緊急外来の割には入り口から気が遠くなるほど遠かった…

陣痛を抱えながらこの道のりを歩いて来なければならないのか。。

そしてやはり産科にも受付のようなものは見当たらなかった。

PCR検査も受けていないが、果たしてこの産科の中に入っていって良いものだろうか?

誰もいないので聞く人もいない。

このあたりの受付システムが不明なイタリア…

助産師との面談

初めに訪れたのは助産師さんとの面談。

受付も何も無い産科の扉の前でしばらく突っ立っていたが、何も動く気配が無いので、仕方なく中へズカズカ入っていった。

人気の無い産科の廊下。

看護師さんが通り過ぎるのを待っていると、5分くらいしてようやく一人が奥から出て来た。

要件を伝えると、

「ああ、分かりました。伝えておくので表の待合席で待ってて下さい」

と。

え〜…やっぱりその辺の人をつかまえて話しかけないといけないシステムなん?

陣痛の時、どうするんだろう。。

言われた通りに大人しく椅子で待っていると、旦那さんに支えられ、泣きながらヨロヨロと歩いてくる一人の妊婦さんが。

大きなお腹なので、私と同じくらいの週数に見えた。

二人はそのまま産科の中に入って行ったが、しばらくすると出て来て私達と同じく、待合席に座った。

妊婦さんは呻き声をあげながら泣いていて、旦那さんはどこかに電話していたが、妊婦さんはそれに怒って旦那さんを怒鳴りつけてベシッと叩いていた。

私が「陣痛かな…」と小声で聞くと、夫は「産前うつ状態なんだろう」と言った。

妊婦さんは待合席で落ち着きなさそうに体を捻ったり前に倒したりなどしていたが、しばらくして中から看護婦さんに呼ばれて入っていった。

私達の方は待てど暮らせど呼ばれないので、夫がもう一度アピールしに行ったらようやく中へ通された。

…こんな風に何度もアピールが必要な面倒臭いシステムなのだろうか。。

通された部屋には、優しそうな年配の助産師さんがいた。

そこでされた質問は、アレルギーに関するものや既往症の有無、これまでの手術歴などだった。

質問票には夫が記入してくれた。

助産師さんは

「私はもうこんな歳だから英語は話せないけど、若い助産師なら少し英語が話せるスタッフもいるから安心してね」

と言ってくれた。

あとは何か質問があるかと尋ねられたので、私から持ち物に関する質問をいくつかし、あっさり終了。

産科を後にすると、先ほど泣いていた妊婦さんの旦那さんが椅子に座ってソワソワ待っていた。

夫が話しかけてみると、やはり陣痛だったようだ。

…夫よ…勝手に人様を産前うつとか決めつけてもう。。

しかし、陣痛が始まってもあんな扱いなのか…駐車場からこのだだっ広い院内を自力でこの産科まで歩き、さらに人が来るまで待合席で普通に待たされるのか…

産気づいたらもっと特別扱いしてもらえると思い込んでいた私には、自分のお産前に現実を見せられて良かったのかもしれない。

麻酔科医との面談

またその翌々日、麻酔科医との面談予約で病院を訪れた。

今度は産科ではなく、地下の会議室エリアに通された。

その内の一室には金髪の美しい女性麻酔科医の姿が。

そこでの質問は、麻酔を使った手術歴の有無と、先週取ってきた心電図の提出。

また、この病院で受けられる麻酔の説明。

イタリア語では、日本のように「無痛分娩」という曖昧な表現ではなく”anestesia epidurale(硬膜外麻酔)”と、医療用語そのものが使われる。

この辺の単語は一応事前に調べておいたので何の説明をされているのかは理解できた。

知りたかったのは、和痛分娩にしか対応していないのか無痛分娩にも対応してくれるのか、という点だったのだが、”anestesia epidurale(硬膜外麻酔)”であれば無痛分娩で間違いないだろう。

私は初めから無痛を希望していたが、麻酔の投与は分娩の進み具合によるようで、自分で必要だと感じた時に「打って下さい」とお願いしなければならないようだ…

麻酔投与の同意書も、その時にサインして渡すらしい。

…陣痛時にそんなことをする余裕があるのだろうか。。

「アネスタシア、ぺるふぁぼーれ!」

と叫べば良いのだろうか…

頼まなくても打ってくれ…と内心思ったものの、従うしかない。

無痛分娩を希望する場合は事前に血液検査の凝固作用をチェックする必要があるようで、また血液検査の指示書を出された。

という訳で、陣痛当日の扱いには未だ一抹の不安を抱きつつも、出産予定の病院が新しくて綺麗だと分かり、かなり安心することができた。

入院バッグの準備もおやつの準備もw整っているので、後はその時を待つのみである。

肝心の息子くんは、妊娠38週に入った本日も呑気にしゃっくりをしている。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました