スポンサーリンク
出産・育児

イタリアで妊娠&出産 – 妊娠36週の現在の様子と助産師による病院案内オリエンテーション

イタリアで妊娠&出産 – 妊娠36週の現在の様子と助産師による病院案内オリエンテーション 出産・育児

イタリアで妊娠&出産 – 妊娠36週の現在の様子と助産師による病院案内オリエンテーション

妊娠&出産に関する前回の記事はこちら↓

イタリアで妊娠&出産 – ASLでの保健カードの取得と怒涛の検診スケジュール
イタリアで妊娠&出産 – ASLでの保健カードの取得と怒涛の検診スケジュール 妊娠&出産関連の前回の記事はこちら↓ 住民票登録前に取得できた保健カード コロナ禍で動きが取れなかった私達だが、産婦人科のかかりつけ医の先生から「出...
スポンサーリンク

本日で妊娠36週。現在の様子について。

本日で妊娠36週、日本式の数え方で10ヶ月に突入した。

お腹は既にバスケットボール大であるw

体が重過ぎて、最近では立ち仕事も辛くなって来、パンを焼こうとパン生地を捏ねただけでもお腹が張ってきてしばらくは横にならなければならない始末である。

床に物を落とすと拾うのが大変なため、何か落とすと思わず溜め息が漏れてしまう…

既にお腹の中でエンジン全開なのではないかと思うほど元気一杯の息子くん。

午前中は比較的穏やかなのだが、夜になるに連れてどんどん活発になって来、腹の形が変わらんばかりに目一杯グニョ〜っと動いたり、バンバンと連続蹴りをしてきたり…一番辛いのは、体を伸ばして反り返っているのか、胃のあたりをグーッと押し上げられる時である。これをされると胃酸が一気に口までこみ上げて来て非常に辛い!

そんな中、今日は缶詰や冷凍食品、乾物などの加工品が残り少なくなって来たため、かなり久しぶりに地元のカルフールへ赴いた。

カルフール(Carrefour)はフランス資本のハイパーマーケットで、巨大なスーパーを含め、小売店やバール、ピッツェリアなども入ったショッピングモールのようになっている。

少し家から離れていることもあり、我が家がカルフールに行くのはコロナ禍以前も月に1度程度の頻度だったのだが、今日は実に4ヶ月ぶり。

未だ規制対象となっている店舗がほとんどのため、モールの中はほぼシャッター街となっていた。

カルフール

かなり寂しい感じもするが、明後日5/18(月)にはこれらの店舗もほぼ全て解禁となり、一気にオープンするだろう。

イタリアでのコロナウィルス感染者数はかなり減少してきているとは言え、未だゼロになった訳ではない。(本日の新規感染者はイタリア全土では875名、トスカーナ州で30名)

店舗の解禁と共に一気に以前のように混み合うようになり、第二フェーズが始まらないと良いのだが…

唯一開いていたスーパーの前には他のスーパーと同様、列が出来ていたが、5分ほどで入店できてしまった。(入店の際にはグローブ代わりのビニール袋を両手に被せなければならない)

久しぶりの大型スーパーにテンションが上がったものの、だだっ広いカルフール内をうろうろしている内にお腹が張ってきてしまい息も上がって来たので、店舗スタッフに頼み、その辺の台の上に座らせてもらい、休むハメに。。

足の付け根から臍の上までが突っ張るような痛みと心臓の動悸、それにマスクの息苦しさも手伝って、しばらくゼーハーしていた。しかしながらあまり具合が悪そうにしていると、他の客にコロナ患者と勘違いされそうなので、出来るだけ平静を装うのも大変だったw

どうやら歩き回るのも1時間が限度のようだ。

レジはかなり並んでいたのだが、フウフウ言いながら歩いて来た私を見て、他のお客さん達は「いいよ、先に行きなさい!」と快く前に通してくれ、大変有り難かった。イタリアは妊婦さんに優しい…

家に帰り、夫と共同作業で買って来た品物をアルコールで拭いて格納していくという一仕事を終えると、あまりに疲れてしばらくソファでひっくり返っていた。

臨月の妊婦にとっては巨大スーパーでの買い物も一苦労だ…

助産師による病院案内オリエンテーション

さて、前回の続きとして、先週木曜日に実施された病院案内オリエンテーションの内容を記録しておこうと思う。

初め夫から「助産師とWhatsappでミーティングがある」と言われた時は一体何の話があるのだろうと想像もつかなかったのだが、実際に電話がかかって来ると、オンライン通話で病院を案内してくれるものだと分かった。

かかって来た電話に出てみると、私と同時期に出産予定の妊婦さんが他に5名ほど繋がっていた。皆30代後半のように見えた。

助産師はまず、院内の産婦人科を入り口から案内してくれた。

夫の同僚から聞いていた通り、新しくて綺麗な病院だった。

助産師は分娩室や、そこに備えられているバス、分娩後に入院する部屋などを案内してくれた。

分娩までの間に使用する部屋は全て一人部屋だが、出産後は二人の相部屋となるようだ。

この病院では、分娩を促すために2時間ほど湯船に浸かったりシャワーを浴びたりすることを推奨しているらしい。

一通り施設内を案内すると、出産時の説明に入った。

コロナウィルス対策 – 入院前に必須となるPCR検査

まず初めに説明されたのは、院内に入る際、さらにお産の際もマスクの着用が必須となるという点だった。(息苦しそう…)

封鎖が解除となる5/3までは、夫であろうとも付添人の同行は許されなかったようだ。

しかし現在では付添人は一人に限り許されるようになった。

しかし付添人も病院の出入りは許されず、一度院内に入ったら妊婦が退院するまで出られないようだ。

付添人以外の面会人の来院も許されない。

そして、全ての妊婦と付添人は入院前にPCR検査を受けることが必須となる。(拒否した場合はコロナウィルス 患者と同等、隔離扱いとなる)

部屋のバスルームは一日 2回、掃除してくれるらしい。

かなり厳しい措置だが、反面、ここまで徹底した対策をしていると思うと安心できる。

病院を訪れるタイミングについて

以下の場合はすぐに病院へ向かうこと

  • 破水した場合、GBS検査が陽性の場合は直ちに病院へ。陰性の場合は48時間以内に病院へ
  • 胎児が2時間動かない場合
  • 陣痛が規則的になって来たと感じた場合(2分間隔になっていたら直ちに病院へ)
  • 上記以外でも異変を感じた場合
  • 41週+5日になっても陣痛を感じない場合も病院へ。(強制的に分娩となる)

とりあえず不安になったら電話するより先にすぐに病院へ来るように、という内容だったようだ。

入院の際に必要となる持ち物について

これについては、恐らく再来週、助産師との面談で実際に病院を訪れた際に詳しいリストがもらえるとは思うのだが、下記の物は用意しておくように、とのことだった。

  • 最初に赤ちゃんが着る洋服・オムツ一式を入れたバッグ
  • 妊婦用の産褥パッド(病院にもあるが、サイズが大き過ぎるらしい)

イタリアでは母乳が強く推奨される?

日本の入院バッグの中身のリストを調べていると、哺乳瓶や粉ミルクと記載されているので、イタリアでは不要なのかと助産師さんに聞いてみたが、母乳を強く推奨された。

それどころか、粉ミルク(液体ミルク)は有り得ない、くらいの勢いで否定された。

でも母乳が上手く出ない母親も多いという話もよく聞くし、一応あった方が良いのではないかとも思ったのだが、「要らない、母乳のあげ方はこちらで指導する」と強く言われたので、これ以上聞くのは断念した…

日本の育児書には「粉ミルクも母乳と遜色ない栄養が含まれているので心配ない」と記載されていたのだが…

この辺の考え方は日本とイタリアでは随分違うようだ。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました