スポンサーリンク
海外移住

【海外移住】イタリアで家探し1 | 東京とイタリア地方都市の大き過ぎたギャップ

イタリアで家探し 海外移住

イタリアで家探し①東京とイタリア地方都市の大き過ぎたギャップ

スポンサーリンク

イタリアにだってLAのような素敵な海辺の街がある?

ようやく移住の決意ができた所で、イタリアでの家探しを開始。
まずは夫の通勤圏内のエリアから、候補の街を絞った。

私は昔、アメリカカリフォルニア州のLA(ロサンゼルス)に少しだけ住んでいたことがある。
まだ20代半ばだったので、何もかも新鮮で、青く広い空と広いビーチがあ理、毎日が刺激的なLAにすっかり魅せられてしまい、日本へ帰国した後もほぼ毎年のように遊びに行っていた。

LAのような環境に住めるなら、東京での生活も仕事も捨ててイタリアに移住してもいい!
夫と出会った時から私は口癖のように言っていた。

夫はそんなLA好きの私のために、イタリア中部のリグーリア州の海辺の街をいくつかチョイスした。

「イタリアだって、海沿いの街はLAと同じようなものだよ!」

夫はそう私に言い、椰子の気が生えたビーチ沿いの遊歩道の写真などを魅せてくれた。

写真を見る限りでは素敵な場所に思えた。

そして夫は賃貸サイトでいくつか候補の家を探し出して見せてくれた。

私のイタリアのイメージは、古びた家にアンティークの家具…私の好みとは対局の物件しか無いと思っていた。
が、夫が見せてくれた家の写真は、どれもモダンでオシャレで素敵に見えた。家の窓から海が見えるものもある!

なので、初めは私もリグーリア州の海沿いの街、というものに過大な幻想を抱いていた。

そして2017年の12月。
夫の実家がある南伊レッチェへの里帰りのついでにリグーリア州に寄り、それらの街を見に行くことになった。

私の想像と大きく異なったリグーリア州の海辺の街

ligulia

「イタリアの真珠」と呼ばれる漁師町

まず初めに訪れたのは、「イタリアの真珠」とも言われているらしい、リゾート地にもなっているという小さな漁師町だった。

「海辺のリゾート地」などと聞くと、私の中では勝手にハワイやサンディエゴ、カンクンみたいな場所を想像してしまう。

広いビーチ、ビーチ沿いに並ぶパラソルと、ビーチカクテル。
ビーチに沿って椰子の木が並ぶ広い遊歩道があり、人々は海を眺めながらジョギングをしたり散歩をしたり、のんびり楽しむことができる…

が、イタリアで海辺のリゾート地は全く異なるということをこの時の私は知らなかった。

そのこじんまりした入江の漁師町を見た時、私は想像とあまりにも異なる光景に言葉を失ってしまった。

小さな入江には沢山の漁船が停泊し、ビーチは見当たらない。

その入江を見下ろすように、急勾配に沿って建物がビッシリ立ち並んでいた。
ギュッと詰まって密集する家々は、よく見ると色褪せ、外壁も剥がれ落ちていた。
そしてその家々の間には車など到底通れないような狭い坂道が迷路のように入り組んでいる。

広い空、広い空間が好きな私には、その場所に立っているだけで息がつまりそうだった。

何もかも、詰まっている。狭い。小さい…そして古い。

オフシーズンだったこともあり、町はリゾート地とは思えないほど静まり返っており、人気は無く、寂れた感じさえした。

自分の想像とのあまりのギャップに、私は言葉を失って立ち尽くしてしまった。

そんな困惑していた私に、夫は自慢気に言う。

「美しいだろ!?イタリアの真珠だよ!」

観光として来たら「おとぎ話に出てくるみたい!」と素直に喜んだかもしれない。

…が、住むとなると全く話は別だ。

東京と別世界過ぎる。

エレベーターなど全く無さそうなボロボロの家々。
(実は高いらしいが、私にはその価値が全く理解できなかった)

窓もあまりにも小さい。
洗濯物を干せそうなベランダも無い。

水回り、耐震基準、セキュリティ、機能性、利便性…私の求めるものが全て欠落していた。

買い物はどうするのか?
一人で気軽に行けそうなカフェは?

まるで昭和初期の時代にタイムスリップしてきてしまったような感覚に襲われ、卒倒しそうだった。

私はこう答えた。

ごめん、嫌い。私は好きになれない。

一刻も早くここから逃げ出して東京(現代)へ戻りたかった。

自信があったらしい夫は、私のあまりの拒絶の強さに少しショックを受けたようだったが、気を取り直し、

夫「そうだよね。東京都はギャップがあり過ぎるよな。次の街はもっと都会だよ!海ももっと広いし。」

とフォローしてくれた。

というわけで、泣き出しそうな私を連れて、夫は次の街へ車を走らせた。

様々な産業の中心として栄える港町

laspezia

次の街は、先ほどの漁師町とは比べ物にならないほど大きかった。

海沿いには工場や船舶が停泊する巨大なドックがあり、貨物船からはコンテナが積み下ろしされていた。

そして、やはりここにもビーチは無い。
海の周りはコンクリートで固められている。港町だ。

しかし、この街も同様、入江を囲む丘の上まで背の高い建物がビッシリと立ち並んでいた。

大量の車が往き交い、海沿いの道路は渋滞していた。

どこもかしこも、道路の両端は路上駐車で埋め尽くされ、どこかに停めようにも、全く駐車スペースが見つからない。

渋滞する車窓から、閑散とした海沿いの歩道を眺めていると、夫は言った。

夫「どう?ここならLAみたいでしょ?」

夫はLAに行った事がないから分からない。

根本的に何かが違う。

もはやイタリアにLAの雰囲気を求めた私が間違っていたのだ、と私は絶望的な気分になった。

不機嫌さを隠せない私に、夫は

「とりあえず渋滞が酷くてしばらく動きそうもないから、君はここで降りて散歩して来たらいいよ。」

と言い、私を降ろした。

寒空の中、人気の無い殺風景な海沿いの通りをトボトボと歩いていると、余計に気分が沈んでいった。

せめてカフェがあれば!

スタバみたいにモダンでオシャレで、一人でゆっくりできそうなカフェさえあれば!

と思い、私は街中へ入って行った。

しばらく通りを歩いてみるも、あるのは昔ながらのバール、バール、バールばかり。。

冷えてきたので、仕方なく一件の小さなバールに入ってみることに。

店員のお姉さんは温かく迎えてくれた。

カプチーノで体を温めながら、外の往来を眺める。

イタリア人ばかりで、アジア人どころか、外国人は見当たらない。

バーに3人娘がやってきて、店員と楽しそうに話し始める。

さらにシニアな男性客も入ってきて、店のマスターのような人達と話し始める。

名前で呼び合っていたから、恐らく皆顔見知りなのだろう。

映画のワンシーンを観てるみたい。。

と思うと共に、果てしなく自分が場違いなような気がしてきた

まるで町の様子をスクリーン越しに眺めているような気がしてきた。

現実味が無い。

スタバやタリーズが恋しい…

そんなことを考えていると、ようやく夫が車を停めてバーへやって来た。

夫と共に引き続きこの街を探索してみたが…

ギッシリと立ち並ぶ建物のおかげで、空が狭くて息が詰まりそうだった。

しかもほとんどの建物は補修もされず、ベランダの柵が崩れ落ちたり、壁が剥がれ落ちたりしていて、みすぼらしく見えた。

いくら内装は綺麗だよと言われても、毎日こんな廃墟のような建物を眺めていたら気が滅入りそうだった。

加えて、この車の量。

建物にはガレージも無いため、路上駐車するしかない。

しかし既にどこもかしこも油虫のようにビッシリと車で埋め尽くされており、出かける度に毎度毎度駐車スペースを探して徘徊しなければならないことは容易に想像がついた。

また、どの道も渋滞しているおかげで、街中に排気ガスが充満していて歩いていても息苦しい。

私は悲しくなってきた。

私「…ごめん、無理。住めないよ。

夫は私の表情から大体察していたようだったが、

夫「海の近くはどこも混んでるんだよ、丘の上なら景色も良いし、もっと環境が良いはず。俺が見せた家も丘の上なんだよ。行ってみよう。」

と言うわけで車でどんどんとグネグネ道を上がり、丘の上の方へやって来た。

車同士がギリギリすれ違えるような細い道路を走りながら、急斜面に這いつくばるようにして建つ建物。

歩道も無いから歩く気にもならない。

こんな道を毎日運転するのか?

どんなに丘の上は景色が良いと言われても、私にとっては陸の孤島も同然だった。

やはり住む気になれない。

世界の片隅で、こんな所に住みたくないと叫ぶ

東京とあまりにも異なるリグーリア州の海沿いの街々。

私は黙り込んでしまった。

東京で何不自由なく暮らしているのに、何故こんな場所に連れて来られなければならないのか。

イタリアなんか住みたくない!
私は泣きたくなってきた。

あまりのストレスに、私はみるみる胃腸を壊し、翌日には熱も出て、完全に体調を崩した。

もう無意識のレベルでも拒否反応である。

私の拒否反応っぷりに夫も困惑し、

夫「そんなにイタリアが嫌なのか…。じゃあ俺の内定は…断る?イタリアは諦めて、東京でこのまま暮らす…?」

夫も私も失望感に打ちひしがれ、最悪の空気になった。

国際色豊かなトスカーナ州の街、ピサ

しかし、その後ローマに移り、私は水を得た魚のように喜んだ。

そんな様子を見て夫は考えた。

…この嫁は、イタリア自体を拒否しているわけではないのかもしれない?

さらにその後南イタリア、レッチェの実家に戻り、すっかり私の体調が戻ると、夫はそれを確信した。

イタリアにも、きっとこの嫁が気にいる街がある。

その後、斜塔で有名な観光の街、ピサに焦点が当たった。

夫の職場からはかなり遠くなってしまうが、通えない距離ではない。

というわけで、ピサで家探しを始めようということになった。

こうして冬休みを終え、私は東京へ戻り、夫は予定通りイタリアへの転職を果たし、2018年の秋、先にイタリアへと旅立った。

学生の街ピサ、困難極める賃貸探し

pisa

斜塔で有名なピサは、沢山の大学が有り、世界各国から学生が集まる国際的な街だった。

リグーリア州で見て来た街に比べ、遥かにインターナショナルでオープンな雰囲気だと聞き、私にとってもピサへの期待は大きかった。

…が、今度は家が問題だった。

夫から送られて来た候補の家々は…どれも住む気になれない家ばかり。

お湯を沸かす気にもなれない貧相なキッチンに、年季の入ったちゃっちいシングルベッド。ダストアレルギーを起こしそうな色褪せたソファー、おまるのような何も置けないシンク…

そして狭い。

どうも、どれも学生向きのシェアハウスのようだった。

学生の街ピサで家を借りるようなファミリーはあまりいないようで、ファミリー向けの物件を探すのは困難だった。

ようやく見つけた、理想の家

そんな中である日、夫が目を見張るような素敵な家の写真を送って来た。

光の差し込む大きなガラス戸のあるリビングにフローリング。

ジャグジー付きのバスタブのある高級ホテルのようなバスルームにスライド式のウォークインクローゼット。

…この家は何!?本当にピサなの!?

私は条件反射的に、夫へに速攻で内見に行って欲しいと頼んだ。

そこで夫は職場から遠く離れたピサまで、遥々内見しに行ってくれた。

その感想は

「君が見たら100%気に入るよ」

1階にはオーナーが住んでいて、私達が住むのは2階部分ということだった。

オーナーのお金持ちそうなマダムは良い人そうで、妻が日本人だと言ったら興味津々だったと言う。

これはもう、ここに決めるしかない!!

こうして2018年、またクリスマス休暇がやってきた。

私はレッチェへの帰省の前に夫の滞在先に立ち寄り、その理想の家を見に行くことになった。

その家は閑静な住宅街の中に有り、目の前の通りは住人以外立ち入れないようにゲートがあった。

広い芝生の庭の奥に、イタリアでは滅多に見かけない、私好みの真っ白でモダンな家が建っていた。

気分上々で中を見せてもらう。

オーナーが頑丈なセキュリティシステムを解除しているのを見て、これなら戸建てでも安心だな、と思う。

中は広々としていた。

他の賃貸物件で見かけた古い物件とは違い、ちまちまと部屋で区分けされておらず、今風にリビングダイニングは繋がっていた。

内装は、これまたイタリアには珍しいフローリングで、写真からは見ることができなかったキッチンには、大きなディッシュウォッシャーが付いていた。

そして、ジャグジー風呂!!

これで家賃は東京の一人暮らし向け賃貸より安いくらいだ。

申し分ない!

オーナーは私に向かって

「あなたと話すために英語を勉強しなくちゃね!」

と言った。

いい人そう…!!

大満足で帰国した私。

その後、夫は年明けにこの家に申し込むために再びピサまで足を運んだ。

やっと家が決まった…めでたしめでたし。

と思っていた。この時は。(続く)

タイトルとURLをコピーしました