スポンサーリンク
出産・育児

イタリア妊娠生活11 – 新型出生前診断(NIPT)の受診。Bitestとの違いやその費用

nipt&bitest 出産・育児

イタリア妊娠生活の記事一覧はこちら↓

イタリア妊娠生活についての記事一覧

 

前回の記事と話が少し前後するが、夫が出張に行く直前に出生前診断を受けた。

出生前診断はBitest(日本で言うコンバインド検査と思われる)とNIPT(新型出生前診断)から選ぶ。

これは必須ではなく任意の検査なので受けないという選択肢もある。

 

前回の記事はこちら↓

イタリア妊娠生活10 - 妊娠中(悪阻ピーク)に夫の長期出張。イタリアマンマとの同居生活!
妊娠12週に入り、悪阻がピークに達しようとしていた頃。 夫の長期出張が入った。期間は3週間。 まだ全く勝手が分からないイタリアの地で悪阻に苦しみながら3週間もどうやって生き抜くか…妊娠中に訪れた最初の中に、夫のマンマとパパが遥か...

 

スポンサーリンク

出生前診断についての夫婦の合意

カップルの手

 

夫と私は、実は結婚前から出生前診断を受けることに合意していたし、その結果が出た後の選択についても既に決めていた。

私は、結婚相手を選ぶ際にこの考え方が同じ人を選ぶことはとても大事なことだと思っている。

出生前診断を受けることも受けないことも、受けた結果万が一子供に問題が見つかってしまった場合にどうするかということも、どちらの選択にも正解は無いと思っている。

大事なことは、どちらを選択するにしても夫婦で同じ方向を見ていることだ。

この考え方のすれ違いが原因で離婚に至ってしまった知人がいる。

子供に何か見つかって初めて夫の考えを知るのでは遅すぎるし、その答えによっては夫婦関係が崩壊し兼ねない。

だから私は結婚前にこの点の価値観が合うか否かを確認しておきたかった。

幸い夫と私は全く同じ考えを持っていることが分かり、子供を授かることができたら出生前診断は受けようと決めていたのである。

 

BitestとNIPTについて

blood-check

 

クリニックから渡された検査一覧の中には任意項目として妊娠10週〜13週の間に「Bitest(ビーテスト)」という検査が記載されていた。

しかし先生からは「血液中に混ざっている胎児のDNAを採取する新しい検査もあ李、こちらの方がより確実だよ。」と言われた。

これがNIPT(新型出生前診断)のことだった。

 

Bitest(=コンバインド検査)とは

Bitestは超音波(エコー)と血液検査によって染色体異常をスクリーニングする、従来から行われている検査のようだ。

日本のコンバインド検査と同じものだと思われる。

超音波検査では胎児の首の後ろあたりの厚み(NT)を計測し、血液検査では母体血清マーカーであるPAPP-A(妊娠関連血漿タンパク質:Pregnancy associated plasma protein A)と遊離β-hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の値を計測する。

この両方の結果から胎児の染色体異常の可能性を判断するが、その精度は75~85%と低い

 

NIPT(Non-invasive prenatal genetic testing:無侵襲的出生前遺伝学的検査)とは

 

母体の血液の中に含まれる胎児のDNAの断片を分析する検査で、新型出生前診断と呼ばれるようだ。

精度が高く、陰性的中率は99.9%

つまりこの検査で陰性と言われればほぼ100%の確率で胎児に染色体異常が無いと思って良いということだ。

 

Bitest、NIPTの検査費用

 

母体へのダメージも無く確度の高いNIPTの方が断然良いに決まっている…と言いたいところだが、検査費用が高いのが問題だ。

Bitestの検査費用は200€前後(2〜3万円。日本もほぼ同額)であるのに対し、NIPTの検査費用は950€(約10万円。日本では20万円)。

クリニックでは通常、35歳未満の妊婦にはBitest、35歳以上の場合はNIPTを勧めているようだった。

安心には替えられないということで私達は迷わずNIPTを選んだ。

 

NIPT(新型出生前診断)の受診

採血

 

NIPTは私が通院しているプライベートクリニックで受けることができた。

通常妊娠11週〜13週が受診期間となるが、私の場合は11週で受けた際にサンプルが十分ではなく結果が得られなかったため、13週で再度採血することになった。

 

妊娠11週でのNIPT(新型出生前診断)

検査当日。

いつもの妊婦検診では夫が付き添ってくれていたが、今回は採血のみということなので私1人で臨んだ。

クリニックの待合室で待っていると、いつも先生の助手を勤めていた看護師さんが「こちらへどうぞ」と受診室とは別の部屋に通してくれた。

どうやら検査は先生ではなく看護師さんが対応してくれるようだ。

机の上には検査キットと思われる大きな箱が置かれていた。

看護師さんは箱を開けると、中に入っていた紙の束を取り出し注意深く読み始めた。

どうやら検査を受ける際の同意書のようで、何箇所かサインを求められた。

書類へのサインが済むと、採血。

看護師さんは箱の中から大きな筒状の容器を取り出し、中に入っていた注射器等をセットして私に腕を出すように言った。

NIPT検査キット

↑NIPTの検査キット。

看護師さんはいとも簡単に私の血管を見つけ出してあっという間に採血終了。

採取した血液を小さな試験管に入れると、また大きな筒状の容器の中に厳重に嵌め込んだ。

看護師さんは「これからこの血液をローマの検査機関に送ります」

と言った。

検査結果が出るまで2〜3週間ほどかかるらしい。

こうして検査はあっけなく終了した。

 

妊娠13週での再検査

それから1週間ほど経ち、クリニックから連絡が来た。

未だ少しタイミングが早かったようで、血液中に十分な量のサンプルが無かったため結果が出せないということだった。

夫の出張直前に再検査の連絡が入ったので、再検査は夫の出張中に受けることになった。

再検査の費用が要るのかと不安に駆られながらクリニックへ向かったが、幸い再検査費用は不要だった。

また前回と同じようにサクッと採血して終了した。

 

NIPT(新型出生前診断)の結果

result

 

検査結果はクリスマスと正月を挟み、日本への一時帰国からイタリアに戻って来た頃に届いた。

幸い息子には染色体の問題は何も見つからなかった。

一度目の妊娠で胞状奇胎になってしまったためとても心配していたが、今回は元気に育ってくれているようでほっと胸を撫で下ろした。

ちなみに、NIPTでは性別も分かってしまうので、生まれるまでのサプライズにしたい人は要注意だ。

生まれるまで性別を知りたくないという人は検査結果に記載しないように予め伝えておくと良いだろう。

私は前から先生に「男の子っぽい」と言われていたが、この検査結果で確実に男の子ということが分かった。

こうしてNIPTの検査自体は無事に済ませることができた。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

イタリア妊娠生活の記事一覧
イタリア妊娠生活12 - つわりのピークとインフルエンザの流行、そしてコロナ…美術大学院の休学の決意
妊娠判明と同時に合格し、11月から通い始めた美術大学院。 運悪くつわりが本格化してきた時期に丁度当たってしまったため、期待に胸を膨らませていた大学院生活は予想以上に過酷なものになってしまった。 つわりと同時に始まった美術大学...
イタリア妊娠生活11 – 新型出生前診断(NIPT)の受診。Bitestとの違いやその費用
イタリア妊娠生活の記事一覧はこちら↓ 前回の記事と話が少し前後するが、夫が出張に行く直前に出生前診断を受けた。 出生前診断はBitest(日本で言うコンバインド検査と思われる)とNIPT(新型出生前診断)から選ぶ...
イタリア妊娠生活10 - 妊娠中(悪阻ピーク)に夫の長期出張。イタリアマンマとの同居生活!
妊娠12週に入り、悪阻がピークに達しようとしていた頃。 夫の長期出張が入った。期間は3週間。 まだ全く勝手が分からないイタリアの地で悪阻に苦しみながら3週間もどうやって生き抜くか…妊娠中に訪れた最初の中に、夫のマンマとパパが遥か...
イタリア妊娠生活9 - トキソプラズマとサイトメガロウィルスの抗体検査。受け方や費用、結果の見方
妊娠中、私が最も恐れていたのがトキソプラズマへの感染だ。 イタリアでは感染を定期的にチェックするため、国が定める妊婦検診の必須項目にトキソプラズマの抗体検査がある。 トキソプラズマとサイトメガロウィルスについて ...
イタリア妊娠生活8 – イタリアで悪阻(つわり)は辛いよ…私がOK・NGだった食べ物
悪阻(つわり)はただでさえ辛い。 しかしイタリアの田舎町での悪阻は、日本であれば無かったであろう苦労もあった。 今回の記事では私の悪阻の症状やOK・NGだった食べ物、そしてイタリアに暮らす日本人妻ならではの苦労について書きたいと...
イタリア妊娠生活7 – 妊娠初期の葉酸の処方。神経管閉鎖障害だけでなく自閉症発症リスクも低減?
葉酸には造血作用や細胞分裂を促進させる働きがあり、胎児の成長に欠かせない栄養素として有名だが、何となく日本とイタリアではその重要性に温度差を感じた、という話を書こうと思う。 日本では「何となく飲んだ方が良い」程度の位置付け...
イタリア妊娠生活6 - 刺身はOK。生ハムもブランド指定でOK!妊娠中に食べて良いもの、悪いもの
今回はイタリアの産婦人科で指導された、妊娠中に食べて良い物や食べてはいけない物について紹介しようと思う。 予想してはいたものの、日本よりも大分制限が緩かったように思う。 前回の記事はこちら↓ NGな食材...
イタリア妊娠生活5 - 滞在許可証の発行前に健康保険証(Tessera Sanitaria)を取得することは可能?
無事に心拍が確認できたことで、プライベートの産婦人科の先生から正式な妊娠証明書を発行してもらうことができた。 問題は、健康保険証が無いので妊娠中に何か不測の事態が起きて大病院へ運ばれることになった時、このままでは高額な医療費がかかって...
イタリア妊娠生活4 - 妊娠8週。ようやく確認できた心拍と両親への報告
妊娠初期の状態で胎児の心拍確認をする前にハンガリーとアメリカ、計3週間の旅に出てしまった私。 結果、つわり症状が始まり、さらにタチの悪い咳風邪を引いてボロボロの状態でイタリアに戻って来た。 そして戻った4日後に2度目の検診に訪れ...
イタリア妊娠生活3 - 妊娠6週〜8週での海外旅行とつわりの開始
まだ胎嚢の確認だけで心音が確認できない中、美大の入学手続き期限が迫る一方でもう一つ不安の種があった。 それは… 翌週にブダペスト(ハンガリー)、翌々週にはLA(ロサンゼルス)への旅行を控えていたことだ。 前回の話はこちら↓...
イタリア妊娠生活2 - 妊娠5週、心拍確認できず…不安に駆られる私にイタリア人医師がくれた言葉【海外出産】
※この記事は過去に書いたこちらの記事↓の続きなので、少し昔の話になります。 産婦人科に行きたい…でも未だ健康保険証が無い! 妊娠検査薬が陽性となり、まずやるべきことは産婦人科探し。 しかしこの時の私はまだイ...
イタリア妊娠生活1 - 闘病の果ての妊娠!頻尿・眠気・寒気…妊娠超初期の諸症状
Twitterでフォローして下さっている方はご存知かもしれないが、実は私は現在、妊娠7ヶ月である。 腹の中で活発に動き回る夫Jr.(男の子です)に、たまに膀胱サイドを蹴っぽられて「うごっ」となることもあり、「胎動は感激の瞬間」とよく言うが...
タイトルとURLをコピーしました