スポンサーリンク
出産・育児

イタリア妊娠生活6 – 刺身はOK。生ハムもブランド指定でOK!妊娠中に食べて良いもの、悪いもの

イタリア妊娠生活6 出産・育児

今回はイタリアの産婦人科で指導された、妊娠中に食べて良い物や食べてはいけない物について紹介しようと思う。

予想してはいたものの、日本よりも大分制限が緩かったように思う。

 

前回の記事はこちら↓

イタリア妊娠生活5 - 滞在許可証の発行前に健康保険証(Tessera Sanitaria)を取得することは可能?
無事に心拍が確認できたことで、プライベートの産婦人科の先生から正式な妊娠証明書を発行してもらうことができた。 問題は、健康保険証が無いので妊娠中に何か不測の事態が起きて大病院へ運ばれることになった時、このままでは高額な医療費がかかって...

 

スポンサーリンク

NGな食材

prosciutto

まずは禁止された完全にNGの食材から。

NGな食材1:生肉・加熱不十分の肉→先天性トキソプラズマ症のリスク

meat

日本と同じく、イタリアでもまず挙げられたのが生肉加熱不十分の肉だ。

生肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでいる率が高く、妊婦が食べてしまうと胎盤を通して胎児に感染してしまう、私が思う中では一番恐ろしい感染症だ。

胎児がトキソプラズマに感染し、先天性トキソプラズマ症になってしまうと、最悪の場合は流産や死産、無事に生まれてこられても水頭症などの障害を持ってしまうこともある。

「加熱不十分の肉」となるとイタリアの生ハムやサラミも含まれるが、後述の通りごく一部の限定ブランドの生ハムであれば食べても良いと言われて驚いた。

 

生肉の取り扱いには細心の注意を

母親の不注意で生まれてくる子供に一生の障害を負わせてしまうことは絶対に避けたかったので、生肉については取扱いの段階から最新の注意を払った。

元々まな板と包丁は肉と野菜で分けていたが、生肉を扱った調理器具にはまず熱湯をかけ、その後は洗剤で2度洗いするようにした。

 

猫の糞や土にも潜むトキソプラズマ

しかし、困ったのが野菜についただった。

トキソプラズマは猫の糞や土にも潜んでいることがあるようで、妊婦は猫の糞に直接触れないように注意喚起されている。

しかし、イタリアは土だらけで売られている野菜も多い。

新鮮な野菜を販売する地元の八百屋ほど土付きの野菜を売っていた。

私は土を触るのが怖かったので、妊娠中は地元の八百屋ではなくスーパーで綺麗に洗われた野菜を買うことにした。

しかし、スーパーでもマッシュルームだけは土だらけのまま売られており、唯一通年で入手できるキノコなだけに避けることもできず…これは少し辛かった。

 

ナチュラルチーズ(フレッシュチーズ)→リステリア菌の感染リスク

日本でも禁止されているが、モッツァレラチーズやリコッタチーズなどの滅菌消毒されていない生チーズも食べないように言われた。

これらはリステリア菌に感染するリスクがあるという。

リステリア菌は食中毒を引き起こすことで有名だが、胎児に感染した場合は髄膜炎や敗血症を引き起こしてしまう可能性もあるというので、これも恐ろしい。

 

ハードチーズはOK

一方でパルミジャーノ・レッジャーノのようなハードチーズやスライスチーズのようなチーズは食べても良いという。

私はどのチーズなら良いという自己判断が怖かったので、チーズは全般的に加熱しないで食べることは避けた。

 

夫の実家で出来立てモッツァレラチーズを勧められる…

しかし年末に夫の実家に帰った際、私がモッツァレラチーズが大好きなこともあり、私の前にドーンとその日に出来立ての美味しそうなモッツァレラチーズが置かれていた。

妊娠中なので食べられない旨を伝えても、

「ここの地元で作られた最高品質のモッツァレラチーズだから大丈夫!」

と根拠の無い勧められ方をしたが、いくら美味しくてもリステリア菌がいない保証などできるはずがないので、無責任にリスクのある食材を妊婦に勧めてはいけない。

 

アルコール(と煙草)

cocktail

日本でも常識だが、酒と煙草はもちろん禁止された。

とはいえ、17時のアペリティーボの時間になるとバールで一杯飲んでいるイタリアの妊婦さんもいたりしたので、医者によっては「一杯ならOK」という人もいたのかもしれない…。

私の担当医はNGと断言していた。

また、煙草ももちろんNG。

男女共に異様に喫煙率が高いイタリア。

もしかすると煙草が体に害があるという認識が無いのかと思っていたが、ちゃんとこうしたタイミングで禁止されることに少し安心した。

にも関わらず、ベビーカーを押しながらや小さな子供と手を繋ぎながら、平気で煙草をスパスパ吸う父親母親を大変よく見かけることに驚かされる毎日だ。

 

禁止ではないができるだけ控えるように言われた食材

foods

次に、先生から「お勧めできないけど絶対ダメとは言わない」と言われた食材達である。

 

コーヒー(エスプレッソ)は1日一杯まで

coffee

イタリア人には欠かせないカッフェ(コーヒー)。

私もコーヒーが好きで、1日1杯は飲まないと調子が出なかったりもする。

コーヒーについては1日1杯ならOKと許可を頂いた。

とはいえイタリアのバールならほとんどどこでもデカフェのカプチーノを用意してくれ、これが普通のコーヒーと遜色無い味だったので、コーヒーについてはあまり辛く感じることは無かった。

また、Orzo(オルゾ)というカフェインレスの大麦コーヒーも手軽にスーパーで買えたため、家でコーヒーが欲しくなった時はホットミルクにOrzoを加えて飲んだりしていた。

 

刺身(生魚)は絶対禁止ではない

sashimi

驚いたことに、刺身(生魚)については

「食中毒の危険性があるからオススメはできないけど、生肉のように絶対禁止というわけではない」

と言われた。

魚介類にはトキソプラズマはいない

トキソプラズマは哺乳類や鳥類などの温血動物に寄生するため、魚介類にいることはないという。

生物なので母体が食中毒を起こすリスクはあるものの、胎児に深刻な影響を及ぼす恐ろしい寄生虫や菌の心配は無いとのことだ。

 

スモークサーモンはリステリア菌の恐れ

但し、スモークサーモンは禁止された。

完全な生魚よりもスモークサーモンの方が危険というのは不思議だが、スモークサーモンは低温燻製されて作られる加工食品のため、加工の段階でリステリア菌が増殖するリスクがあるそうだ。

 

つわりの間に実際に刺身は食べてしまった私

絶対に禁止ではないとは言われつつも食べないようにしようと思っていたものの…

実はつわりの期間に刺身を食べてしまったのである。

というのも、つわりの間は肉や魚などのタンパク質類は一切食べられなくなってしまったからだ。

特に鶏胸肉や焼き過ぎた牛肉など、パサパサのものは全く受け付けなかった。

なので、唯一体が受け付けたのが刺身だけだったのだ。

あまりにも何も食べられないので、夫が不憫に思い私を近所のSushi&Chineseのレストランに連れて行ってくれ、サーモン、マグロ、スズキの寿司をつまんでしまった。

これが美味しいのなんの…!

キツイつわり中に刺身が食べられたのは涙が出るほど嬉しかったのを覚えている。

 

DOP(原産地保護呼称)認定の生ハムはOK

prociutto2

そして何より一番驚いたのが、生ハムもDOP認定のブランドであれば食べても良いと言うことだった。

DOP(原産地保護呼称)はイタリアの食品評価の中で一番厳しく、認定を受けている加工食品は、徹底された管理下で製造されている。

私が愛するサンダニエレやパルマの生ハムもDOP指定だ。

とはいえ、私は少しのリスクも犯したくなかったため、いくら大丈夫と言ってもらえても妊娠中に生ハムに手を出す気にはなれなかった。(万が一産地偽装されていたら大変だし)

 

と、以上が私の先生から言われた妊娠中の食べ物の注意事項だ。

日本の情報を調べるとさらに細かく厳しい情報も出てくるので、日本と比べると大分緩かったのでは兄かと思う。

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

イタリア妊娠生活の記事一覧
イタリア妊娠生活25 – 妊娠40週。出産予定日の様子とネントレの予習
破水騒動の2日後。出産予定日を迎えた。 前回の記事はこちら↓ 妊娠40週。出産予定日の1日 妊娠40週を迎えた。 昨日が出産予定日だったものの、未だお腹の中の人は出て来る様子も無く呑気にしゃっくりしている。 た...
イタリア妊娠生活24 – 破水騒動と初めてのNST(ノンストレステスト)
出産予定日が2日後に迫る中、出産への緊張感が高まっていた。 そんな中でついに破水が…!? 前回の記事はこちら↓ 出産予定日2日前。くしゃみをした拍子に…! 6月12日(金)、いつものようにブランチ...
【海外出産】動画で出産シーンを予習。日本は見せない配慮、イタリアは見せる配慮?
前回の記事はこちら↓ 妊娠39週の現在 妊娠39週へ突入した私。 Twitterで繋がっている同じ週数の妊婦さん達から先週先々週と出産報告が届く中、私のお腹の中の人は未だ出てくる様子は無い。 最近は生理痛のような症状やお腹の...
イタリア妊娠生活23 – 出産予定病院への初訪問と無痛分娩についての説明
妊娠37週だった先週。 私の出産に対応して下さる助産師さんと麻酔科医との面談のため、出産予定の国立病院を初めて訪れた。 これまでの検査でイタリアの国立病院を訪れて来たが、出産予定の病院への訪問はこの日が初めてとなる。 ...
イタリア妊娠生活22 – 【妊娠36週】出産前検診ラスト。ゾンビ病院で心電図(elettrocardiogramma)
※この記事は2020年5月の妊娠生活記の追記記事です。 5/22(金)、怒涛の検査ウィークも本日で一旦終了。 この日は心電図(elettrocardiogramma)を取りに行く日だ。 隣町の廃院直前の病院 ...
イタリア妊娠生活21 – 【妊娠36週】GBS(膣内細菌培養検査)・採尿・採血。妊婦はツライよ…泣
怒涛の検査スケジュールが入っている妊娠36週。 この日は膣内細菌培養検査(GBS、カンジダ、トリコモナス)・血液検査・尿検査の日だった。 ↑お腹、こんなに大きくなりました!(笑)重い。。 前回の記事...
姓名判断(字画診断 )。人との繋がりを重視するイタリア夫と1人で生きていける強さを重視する日本人妻
大体のベビー用品が揃ってきたので、今度は重い腰を上げ、先送りにしてきた息子の名前の漢字を考えようということになった。 名前自体は、実は前回妊娠した際に夫と決めていたのだ。 なので今年1月に男の子だと分かった瞬間に名前が確定した。...
イタリア妊娠生活20 – 【妊娠36週】ASL指定病院でのエコー検査(ecografia)。出産時4000g超の予告
※この記事は2020年の妊娠生活記の追加記事です。 妊娠36週に入った私には怒涛の検査ウィークが訪れる。 5月18日(月)はASL(地域保健局)指定の病院での超音波検査の日だった。 エコー検査はプライベートクリニッ...
イタリア妊娠生活19 – 【妊娠36週】大きなお腹に買い物も一苦労も、妊婦に優しいイタリア社会
本日で妊娠36週、日本式の数え方で10ヶ月に突入した。 大きくなったお腹で動くのがしんどくなり、買い物も一苦労。 一方で胎動は活発になり、お腹の中で息子が元気に動き回っているのを感じる今日この頃である。 大きくなったお...
イタリア妊娠生活18 – 【妊娠34週】オンライン病院案内オリエンテーションと断固とした母乳推奨
無事にASL(地域保健所)を通して出産予定病院の予約ができた私。 コロナ禍で先週木曜日(2020年5月7日)には病院案内オリエンテーションの内容を記録しておこうと思う。 前回の記事はこちら↓ Whatsappに...
イタリア妊娠生活17 – 妊娠手帳"Libretto di gravidanza"の取得と出産までの検診スケジュール
妊娠35週、出産予定日まで1ヶ月半に迫っていた中でようやくSSN(イタリアの健康保険)に加入することができた私。 しかし病院予約や出産に向けた各種検査など、今後の出産手続きを行うにあたって健康保険証(tessera sanitaria...
妊娠糖尿病予防の強い味方!菊芋(Topinambur)を毎日美味しく食べられるレシピ
安定期と言われる妊娠中期に体重が激増してしまった私ですが、祈るような気持ちで受けた妊娠糖尿病検査(OGTT:ブドウ糖負荷テスト)の結果は無事に正常値でした。 食事制限を行なっていたのは確かですが、やはりたまには少しだけご飯を多めに食べ...
イタリア妊娠生活16 – 【妊娠後期】ついに健康保険証(Tessera Sanitaria)の取得!
コロナ禍で動きが取れなかった私達だが、妊婦検診で「急いで病院予約を」と言われたことで一気に焦り始めた。 しかし病院予約までの道のりはやや遠かった。 前回の記事はこちら↓ 健康保険証(tessera sanita...
イタリア妊娠生活15 – 【妊娠後期】妊娠31週検診。出産予定日まであと1ヶ月半なのに健康保険証が無い!
3月26日の妊娠糖尿病(OGTT)検査で妊娠糖尿病ではないことが分かって一安心してから2週間が経ち、4月に入った。 妊娠後期なのにこのままでは前回2月13日の妊婦検診から2ヶ月が経ってしまう。 しかし未だに新型コロナウィルスが猛...
イタリア妊娠生活14 – 【妊娠後期】妊娠28週。妊娠糖尿病検査OGTT(ブドウ糖負荷テスト)
前回2/13の妊婦検診から1ヶ月半。 私は妊娠28週を迎え、妊娠後期に突入していた。 新型コロナウィルスがイタリアで猛威をふるいロックダウンが強いられる中、私は妊娠糖尿病を恐れて厳しい食事制限とも戦っていた。 コロナウィル...
イタリア妊娠生活13 – 妊娠16週(5ヶ月)。安定期の訪れと体重の急増。妊娠糖尿病の危機!?
辛いつわり期が終わってやっと訪れた妊娠中期。 しかし黄金の安定期と言われるこの妊娠中期は世の中が正に新型コロナウィルスに飲み込まれ始めた頃だった。 徐々に外出が制限されていくイタリアで引きこもってパン作りに専念していた私は…体重...
イタリア妊娠生活12 - つわりのピークとインフルエンザの流行、そしてコロナ…美術大学院の休学の決意
妊娠判明と同時に合格し、11月から通い始めた美術大学院。 運悪くつわりが本格化してきた時期に丁度当たってしまったため、期待に胸を膨らませていた大学院生活は予想以上に過酷なものになってしまった。 つわりと同時に始まった美術大学...
イタリア妊娠生活11 – 新型出生前診断(NIPT)の受診。Bitestとの違いやその費用
イタリア妊娠生活の記事一覧はこちら↓ 前回の記事と話が少し前後するが、夫が出張に行く直前に出生前診断を受けた。 出生前診断はBitest(日本で言うコンバインド検査と思われる)とNIPT(新型出生前診断)から選ぶ...
イタリア妊娠生活10 - 妊娠中(悪阻ピーク)に夫の長期出張。イタリアマンマとの同居生活!
妊娠12週に入り、悪阻がピークに達しようとしていた頃。 夫の長期出張が入った。期間は3週間。 まだ全く勝手が分からないイタリアの地で悪阻に苦しみながら3週間もどうやって生き抜くか…妊娠中に訪れた最初の中に、夫のマンマとパパが遥か...
イタリア妊娠生活9 - トキソプラズマとサイトメガロウィルスの抗体検査。受け方や費用、結果の見方
妊娠中、私が最も恐れていたのがトキソプラズマへの感染だ。 イタリアでは感染を定期的にチェックするため、国が定める妊婦検診の必須項目にトキソプラズマの抗体検査がある。 トキソプラズマとサイトメガロウィルスについて ...
イタリア妊娠生活8 – イタリアで悪阻(つわり)は辛いよ…私がOK・NGだった食べ物
悪阻(つわり)はただでさえ辛い。 しかしイタリアの田舎町での悪阻は、日本であれば無かったであろう苦労もあった。 今回の記事では私の悪阻の症状やOK・NGだった食べ物、そしてイタリアに暮らす日本人妻ならではの苦労について書きたいと...
イタリア妊娠生活7 – 妊娠初期の葉酸の処方。神経管閉鎖障害だけでなく自閉症発症リスクも低減?
葉酸には造血作用や細胞分裂を促進させる働きがあり、胎児の成長に欠かせない栄養素として有名だが、何となく日本とイタリアではその重要性に温度差を感じた、という話を書こうと思う。 日本では「何となく飲んだ方が良い」程度の位置付け...
イタリア妊娠生活6 - 刺身はOK。生ハムもブランド指定でOK!妊娠中に食べて良いもの、悪いもの
今回はイタリアの産婦人科で指導された、妊娠中に食べて良い物や食べてはいけない物について紹介しようと思う。 予想してはいたものの、日本よりも大分制限が緩かったように思う。 前回の記事はこちら↓ NGな食材...
イタリア妊娠生活5 - 滞在許可証の発行前に健康保険証(Tessera Sanitaria)を取得することは可能?
無事に心拍が確認できたことで、プライベートの産婦人科の先生から正式な妊娠証明書を発行してもらうことができた。 問題は、健康保険証が無いので妊娠中に何か不測の事態が起きて大病院へ運ばれることになった時、このままでは高額な医療費がかかって...
イタリア妊娠生活4 - 妊娠8週。ようやく確認できた心拍と両親への報告
妊娠初期の状態で胎児の心拍確認をする前にハンガリーとアメリカ、計3週間の旅に出てしまった私。 結果、つわり症状が始まり、さらにタチの悪い咳風邪を引いてボロボロの状態でイタリアに戻って来た。 そして戻った4日後に2度目の検診に訪れ...
イタリア妊娠生活3 - 妊娠6週〜8週での海外旅行とつわりの開始
まだ胎嚢の確認だけで心音が確認できない中、美大の入学手続き期限が迫る一方でもう一つ不安の種があった。 それは… 翌週にブダペスト(ハンガリー)、翌々週にはLA(ロサンゼルス)への旅行を控えていたことだ。 前回の話はこちら↓...
イタリア妊娠生活2 - 妊娠5週、心拍確認できず…不安に駆られる私にイタリア人医師がくれた言葉【海外出産】
※この記事は過去に書いたこちらの記事↓の続きなので、少し昔の話になります。 産婦人科に行きたい…でも未だ健康保険証が無い! 妊娠検査薬が陽性となり、まずやるべきことは産婦人科探し。 しかしこの時の私はまだイ...
イタリア妊娠生活1 - 闘病の果ての妊娠!頻尿・眠気・寒気…妊娠超初期の諸症状
Twitterでフォローして下さっている方はご存知かもしれないが、実は私は現在、妊娠7ヶ月である。 腹の中で活発に動き回る夫Jr.(男の子です)に、たまに膀胱サイドを蹴っぽられて「うごっ」となることもあり、「胎動は感激の瞬間」とよく言うが...
タイトルとURLをコピーしました