スポンサーリンク
出産・育児

【海外出産】動画で出産シーンを予習。日本は見せない配慮、イタリアは見せる配慮?

イタリアと日本、分娩スタイルの違い 出産・育児

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/tokyobizgirl/luitalia.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

妊娠&出産関連の記事一覧はこちら↓

出産・育児についての記事一覧
「出産・育児」の記事一覧です。
スポンサーリンク

妊娠39週の現在

妊娠39週へ突入した私。

Twitterで繋がっている同じ週数の妊婦さん達から先週先々週と出産報告が届く中、私のお腹の中の人は未だ出てくる様子は無い。

最近は生理痛のような症状やお腹の張りが頻繁に出てくるようになったので、一応近い内にチェックアウトするつもりはあるようなのだがw

先週の金曜日にはかかりつけのプライベートのクリニックで胎児の健康状態を調べるNST(ノンストレステスト)を受けてきた。

結果、胎児はいたって健康!

しかし先生の話では

「未だ出て来たくないみたい。少なくともあと10日は出てこないよ!」

とのこと。

予定日が2週間早まりそうと言われていたものの、やはり当初の予定通り6月中旬〜下旬になりそうだ。

もうしばらくはお腹に別の生き物が入っている感覚を楽しもうと思う。

 

出産シーンの動画を観てイメージトレーニング

少し出産への猶予ができたところで、友人から「出産時のイメージトレーニングをしておくと良いよ!」と勧められたのでYouTubeで動画を探してみることに。

 

日本の出産シーン

まずは日本の動画から。

↓この動画は破水→陣痛前に入院→陣痛→出産という流れ。終始安心して見ることができた。

 

 

分娩スタイルも私が正にイメージしていた通り。

 

日本の分娩スタイル1

 

立ち会い出産の旦那さんは妊婦さんの枕元に立ち、生々しい部分は布を被せて見えないよう配慮されている。

両足にも、冷えないように紙製のレッグウォーマーを被せてくれるようだ。

 

日本の分娩スタイル1_赤ちゃん

 

誕生した赤ちゃんは綺麗に拭ってもらい、おくるみに巻いてママの元に届けられる。

とても微笑ましい。

私が抱いていた出産イメージにピッタリだったので、容易にイメージトレーニングができた。

念の為、もう一本観ておくことに。

↓こちらも陣痛→入院→出産という一般的な流れ。こちらの妊婦さんはさらに落ち着いていて凄い!

※こちらは赤ちゃんが出てくる所が見えるので、苦手な方はご遠慮下さい。

 

日本の分娩スタイル2

 

こちらも同じく、旦那さんは枕元に立ち、下半身には布を被せて枕元の方からは見えないように配慮されている。

 

日本の分娩スタイル2_赤ちゃん

 

取り上げられた赤ちゃんは、予めお母さんのお腹の上に用意されていた布の上に乗せられ、丁寧に拭われてお母さんと対面。

というわけで、どちらのケースも生々しい光景ができるだけ見えないように配慮されている

実に日本らしい、安心できる対応だ。

 

イタリアの出産シーン

 

続いてイタリアの出産動画。

 

 

陣痛→入院→出産の流れはイタリアも同じようで。

妊婦さんが陣痛と戦う間、妻に寄り添って甲斐甲斐しくマッサージをして助ける旦那さんの姿に胸が熱くなる。

そしていざ分娩台へ!

…て。

 

イタリアの分娩スタイル1

 

え?

 

イタリアの分娩スタイル1-2

えぇえええええ!!!???

か、下半身、丸見せ…????

カエルのように仰向け大股開きで…枕元に立ってる旦那さんからもこれは丸見えなのでは!?

私、絶句。。

さらに。

 

イタリアの分娩スタイル1_赤ちゃん

 

取り上げられたベビーは、拭われることもなく羊水まみれ、血まみれのまま妊婦さんの胸元にべしょっと置かれる。

あまりの衝撃に、私はしばらくスクリーンの前で固まってしまった。。

夫の前での下半身丸出しのあられもないポーズ…

血まみれのままの胎児を拭いもせずに胸にぐしゃっと置く…

ショックで泣きたくなってきた。

いや、このケースが特別なのかもしれないと、気を取り直して他の動画も観てみることに。

 

 

こちらは途中で硬膜外麻酔を入れているようなので、無痛分娩のケースと思われる。

分娩スタイルは…やはり先に挙げた動画と同じようだ。

仰向け下半身丸出しスタイル。

旦那さんからも丸見え…だよね。。

 

イタリアの分娩スタイル2

 

↓最後は旦那さんに足を持ってもらい、仰向けウンチングスタイル。

 

イタリアの分娩スタイル2-2

 

もうこれは完全に排便する時の格好ではないですか…

やはりこの丸出し仰向けのカエルポーズがイタリアでは一般的なようだ。

あまり迷うことなくイタリアでの出産を決めたものの、この衝撃的な分娩スタイルを見た瞬間、今更になって激しく後悔をし始めた私。

イタリア語が分からないので夫の立会いは必須だが、夫の前では死んでもこんな姿を曝け出したくない…

もう半ベソ状態である。

 

なるべく「見せない」配慮をする日本と「見せる」配慮をするイタリア

 

この戸惑いをどこにぶつけて良いのやら…

とりあえず私は錯乱状態のまま、夫に動画を見せに行く。

私「日本はこれだけ見せないように配慮・工夫がなされているのに、イタリアの分娩はこんな丸出し!こんな状況じゃとてもじゃないけど出産に集中できない!産む前に恥ずかしくて死ぬわ!」

これに対し夫は、「自分んでタオルか何か持って行けば良いんじゃない?」と言いつつ、かかりつけの産婦人科の先生に電話で相談してくれた。

すると、先生からの返答は

「イタリアの妊婦達はむしろ隠したくないという人が多いんだよ。もし抵抗を感じるならバスタオルを持って行けばいいよ!」

とのことだった。

隠したくない…?

つまり、赤ちゃんが自分の中から出てくる瞬間を目に留めておきたいという妊婦さんが多いようなのだ。

なんと…この衝撃的な丸出しスタイルはイタリア人妊婦達の希望だったとは!

さらに、この件についてTwitterで嘆いた所、イタリアで出産を経験した日本人の先輩ママの中に、

「分娩台だといきみづらいので、立って産み落とすスタイルだったけど、その際に胎児が出てくる所を見られるよう、真下に鏡を置かれた」

という話も。

これで私は悟った。

この下半身丸出し仰向けウンチングスタイルは、自分の体内から胎児が出てくるのを一番見やすいポーズなのだ。

配慮が全く無いのではなく、イタリアの妊婦の声を反映し、むしろ見せる配慮をしているのだと。

日本と妊婦のニーズが真逆なのだ。

これはもう分娩時になるべく見えないように隠してくれと頼むしかないだろう。

かかりつけの先生に言われた通り、入院バッグには大きいビーチタオルと、取り上げたての羊水&血まみれの胎児をぐしゃっと乗せられた時のために胸元用のタオルも追加することにした。

日本のように「バースプラン」などで希望の分娩スタイルを事前に打ち合わせるような機会も無さそうなので、とにかく自分でこのバスタオルを剥ぎ取られないように戦うしかない!

そんな余裕があるかは不明だけど…。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 

出産準備編

入院バッグ・陣痛バッグの中身 | 日本とイタリアのリストを元に私が用意したもの【海外出産】
今週で妊娠37週、いよいよ正期産に突入した。 ベビー君は少し下に降りてきたようで、胃の圧迫と息苦しさは若干緩和し、夜中に胃酸の逆流で目が覚める回数も減ってきた。 しかしお腹が張る回数は増え、ますますお腹が重く、バランスが悪くなっ...
入院バッグ・陣痛バッグリストの決定版 | あってよかったもの・欲しかったもの【海外出産・イタリア】
以前、日本とイタリアの入院バッグ・陣痛バッグリストに記載されていたものと実際に私が用意したものについて記事にまとめた。 今回の記事では、実際に出産した経験からあって良かったもの・欲しかったもの・要らなかったものと、それを踏まえて修正し...

 

イタリア出産体験記の一覧

イタリア出産体験記1 | 妊娠40週。前駆陣痛の始まりとPCR検査【海外出産・無痛分娩】
約2ヶ月ほどブログが放置状態になってしまいましたが、無事、6月にイタリアで元気な男の子を出産しました。 初めての育児と格闘している間にあっという間に1ヶ月半が過ぎてしまいましたが、出産時や産後の入院生活は、今となってはもやに包まれたよ...
イタリア出産体験記2 | 前駆陣痛との長い闘いの末の深夜の破水【海外出産・無痛分娩】
前回の記事はこちら↓ 妊娠41週1日目。前駆陣痛に苦しむ一日。 前駆陣痛に苦しむ一日 病院から朝5時に帰宅して再びベッドに入ったものの、10分間隔で痛みに襲われ、私はほとんど寝付けなかった。額には脂汗が滲んでいた。 生理...
イタリア出産体験記3 | 無痛分娩は無痛じゃない!ひたすら陣痛に耐えた16時間【海外出産・無痛分娩】
イタリアで妊娠&出産 – 出産体験記3 | 無痛分娩は無痛じゃない!麻酔までの16時間 前回の記事はこちら↓ 無痛分娩を希望していた私。 実は、出産の一週間前に動画を観るまで、無痛分娩は陣痛も経験することなく、完全に無...
イタリア出産体験記4 | 硬膜外麻酔(epidurale)の投入【海外出産・無痛分娩】
前回の記事はこちら↓ 妊娠40週5日の晩のおしるしから前駆陣痛、破水、本陣痛に耐えた3日間。 41週2日は未明の破水で始まり、本陣痛に耐え続け、長い一日となりました。 今回は、ようやく子宮口が開いた41週2日のその...
イタリア出産体験記5 | 4000g超のビッグベビーの誕生!【海外出産・無痛分娩】
前回の話はこちら↓ 妊娠41週3日未明、ついに息子の誕生 子宮口全開大、分娩準備 午前3時。陣痛促進剤(オキシトシン)を投与してから約2時間半が経った。 ここで助産師さんが再び内診。子宮口は全開大に達したようだ。 ...

 

 

タイトルとURLをコピーしました